2020年6月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

転職の自己PRで大切なこと

看護師が転職をする時の面接では、自己PRの時間が設けられていることが多いです。そのため、転職対策では自己PRを事前に考えておくことが欠かせません。自己PRを考える時に大切なことは、看護師として何をやってきたか、何ができるのか、何をしていきたいのかをそれぞれ具体的に述べられるようにすることです。
まず何をやってきたかでは、過去に経験した診療科や仕事内容を説明しましょう。看護師は経験してきた診療科によって、技術や知識が大きく異なります。そのため、過去の経験を面接相手に伝えることは、自分を知ってもらうためにとても大切なことです。
次に、何ができるのかをアピールします。看護師が転職する場合、即戦力を求められていることも少なくありません。自分が得意な技術をどんどんアピールすることが、面接で成功する鍵となります。わかりやすく相手に伝えるためには、具体的なエピソードを交えるといいでしょう。さらに、その時の反省点や評価できること、学んだことなども一緒に話すことができると好印象になります。
何をしていきたいかは、転職に対するやる気を存分に伝えることができるチャンスです。何をしてきたかや何ができるかと関連付けて、その分野を伸ばしていきたいということでもいいですし、全く新しいことに挑戦したいと伝えても構いません。ただし、頑張るなどの抽象的な言葉は避け、何をどんな風に頑張りたいのかを伝えることでより熱心さを伝えることができます。自己PRを考えるヒントとしてhttp://kangoshi-selfpr.comが役に立ちそうなので、一度覗いてみてはいかがでしょう。