2019年8月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スムーズに転職するポイント

看護師が転職を考えた時、どのようなポイントに配慮すると転職しやすくなるのでしょうか。いくつかの要素が考えられますが、選考過程においてはなんといっても重視されるのが経験です。年齢が影響する可能性もありますが、経験豊富な看護師はどんな職場でも歓迎されます。
即戦力になりうるポテンシャルを持った人材を否定する組織はないといっても過言ではありません。指導的な立場で働いたことがあれば、さらに評価が高まるでしょう。しかし、希望する職場とのマッチングは、ある程度考慮したほうがいいです。たとえば、小児科での経験が豊富な看護師が形成外科へ転職しようとすると、無事に採用されても勤務開始後に覚えることは多くなります。
次に転職しやすくなるポイントは、資格の取得です。勤務を通じて、消化器内視鏡技師や透析療法指導看護師などの資格を取得できれば、自己アピールに役立ちます。希望する職場に資格を役立てられる設備がない可能性もありますが、向上心のある人物だと評価されるでしょう。
最後に、具体的に転職活動を行う時期にも配慮した方がいいことが挙げられます。看護師は時期を問わず募集されている傾向にありますが、年度末などには配偶者の転勤にともなう引っ越しがあるため求人が増えます。より条件のいい職場への転職を成功させるには、求人が多い時期を狙うのがベストです。なお、転職を決意した理由や志望動機などは面接でよく聞かれるため、その対策もとっておきましょう。